2021年01月28日

令和3年2月のおたより

はやし.jpg

 雪の便りが、ちらほらと聞こえてくるようになりました。この地域では、少しでも雪が積もると、交通事情が大きく乱れてしまうので、大人にとっては、困った事態になりがちですが、子ども達にとっては、日常の中で出会う自然が生み出す驚きに、心躍らされる経験にも繋がります。さて、今年はそんな日があるのでしょうか。


今月のお便りは当学園の理事長で、姉妹園の厚木緑ヶ丘幼稚園の園長でもある難波有三よりお伝えすることと致します。


『全国の保育者や保育に携わる教育関係者を対象にした保育専門誌の一つに、フレーベル館が毎月発行している「保育ナビ」という雑誌があります。その3月号で、緑ヶ丘学園の保育、教育が現在に至るまでの変遷について取り上げて頂くことになりました。


3月号の特集のテーマは「最適解」ということで、これについては若干の説明が必要になるかと思います。


本来、教育の現場に於いては、カリキュラムという計画に基づいて毎日が取り組まれているのですが、今直面している新型コロナウィルスへの対応は、私達にとって、全く予測の出来ないことであり、あらゆることが計画通りに進まない、という事態が現実に起こりました。


そこで幼稚園としては、様々な問題に直面する都度、臨機応変な決断を求められることが次々と起こっているのが現状です。それでも現在、自分達が於かれている現状の中で、自分達の保育にとって「大切なことは何か」を考え、その為に私達に「出来ることは何か」ということを求めて、最善の策を絞り出す、不条理とも言える時代の中で多様な視点を持って柔軟に対応する姿勢の重要性について考えることがそれぞれの園における最適解へのヒントになるのではないかと言うことが提起されております。


記事は座談会と言う形でしたが、当学園からは、私の他にはやし幼稚園の難波香織園長、難波忠弘副園長の3人が参加し、コーディネーターは一昨年、学園子育て教育講演会でご講演頂いた青山学院大学、教育学部名誉教授の小林紀子先生でした。


概要は、私とはやし幼稚園の園長が40年近く前に他園を見学し、その園の子ども達の伸び伸びとした姿や自分の役割を理解し、その責任を果たそうとする主体的な姿に感動した思い出話から始まりました。それから、自園の子ども達にも目を輝かせて園生活を送って欲しいという願いを持ち、保育内容を見直してきたこと、またその保育の変化についてその意義をどのように保護者に伝えてきたか、更に両園の園舎の建て替えを、子ども達にとって少しでも良い保育環境となるように、工夫を凝らしたこともお話しさせて頂きました。


このテーマを提起された小林紀子先生は、最適解を解くポイントとして、共に同じ想いで保育に携わる教職員や大切な我が子を託して下さっている保護者、さらには地域の人達との信頼と連携の大切さを指摘して下さいました。そして、理想の保育を形にする為には、多様な対話と強い意志の力が必要である、ということも明示して下さいました。

改めて私達のやるべきこと、進むべき方向が見えてきたような思いに至りました。今後も微力ながら、より良い保育を目指していく所存です。」


私、並びに副園長もこの対談を通し、緑ヶ丘学園の教育理念を再確認し、新しい明日への最適解を求めながら、教職員と共に前を向いて歩んでいきたいと考えます。


さて、今月は生活展、という子ども一人ひとりの成長や園生活の様子を、描画を通してご覧頂く作品展がございます。また、年長児にとっては卒園遠足が予定されておりますが、どちらも、「大人目線での行事のために行事をこなす取り組み」にしてはならないと考えております。

そこには子ども一人ひとりの確かな存在がなければならないからです。一人ひとりの感じ方や捉え方、考えの違いなど、子ども達が個性を輝かせる3学期に、園に足を運んで頂くことのできる少ない機会となりますので、お子様の園生活を通して見えるありのままを受け止めて頂きたいと思います。

今月もお子様のみならずご家族の体調管理にも、ご協力頂きたいと存じます。

posted by 管理人 at 18:20| 園だより

2021年01月13日

令和3年 1月のおたより 

はやし.jpg

新年、明けましておめでとうございます。

みなさま、穏やかなお正月をお迎えになったことと、お喜び申し上げます。


さて、今年のお正月は、私達の住んでいるこの地域に限って言えば、お天気に恵まれましたので、毎日澄んだ青空を眺めることが出来ましたし、夜は、明るい月が幼稚園を毎晩照らしていました。こんなに良いお天気であるにもかかわらず、外出を控え、お家に籠もる正月休みを過ごされたご家庭も多かったのではないでしょうか。


私も、出歩くことのない休みでしたので、久しぶりにおせちの支度に明け暮れました。元旦の早朝から鰹節をたっぷり使い、昆布や干し椎茸のだしと合わせて、お雑煮を作りました。普段つい手が出てしまうインスタントのだしとは大違い、しみじみと時間と手間を掛けた料理の美味しさを、改めて感じる事が出来ました。お重やお椀は、使ったあとの片付けに、一手間かかるので、ここ何年かは使わずにいたのですが、今年は棚の奥から出してきて、改めて丁寧に準備も出来ました。そんなこんなで今年のお正月休みは、とても疲れてしまったのですが、生活の仕方としては、充実していたのかもしれません。ある意味気楽に出歩くことが出来ない状況であったことが、そうさせてくれたのかもしれません。


 今社会を脅かす病の蔓延により、再び緊急事態宣言が発出されることになりました。医療従事者の皆さんのご苦労を思うと、まさに私達国民の協力が求められるのは必至です。そんな中、幼稚園や保育園、学校は、一斉休校の対象にならなかったことは、子ども達にとっては良かったといえるのではないでしょうか。


今日から、お正月の楽しい思い出を持って登園してくる子ども達との和やかな3学期がスタート致します。3学期の当初は、園でも伝統的なお正月遊びを楽しんだり、北風に負けずにドッチボールをしたり、自分達なりに考えたルールで鬼ごっこをしたりと仲間作りを意識できる遊びなど、仲間と共に過ごす園生活の楽しさを十分に経験できるようにしていきたいと考えております。


また、3学期は1年の締めくくりにもなりますので、進級する事への喜びを、子ども達が実感できる事がとても大切です。特に年長児は小学校生活への期待が持てるように、園生活の中から生まれる知的な好奇心を捉え、探求する面白さや文字や数量への興味や関心がより高まるような様々な取り組みを充実させていきたいと考えております。


このような教育活動を実践するにあたり幼稚園では今まで以上に、感染リスク管理に重点を置いて3学期を安全に過ごしていきたいとも考えております。その為にも更に各ご家庭では、十分にご家族皆様の健康管理へのご協力をお願いしたく存じます。新型コロナだけでなくインフルエンザも流行る時期でもありますので、新しい生活様式へのご協力を宜しくお願い申し上げます。


社会の動きや経済が滞ることで閉そく感が大きくなり、大人達は先の見えない大きな不安を抱えています。けれどそんな今だからこそ、子ども達には笑顔を忘れさせないように、一人ひとりの伸びる力を失わせることのないように私達大人が、踏ん張る時なのかもしれません。どうぞ明日を信じることのできる子ども達が育つように、私達も皆で励まし合って、頑張って参りましょう。


 さてこの事態を踏まえ、3学期の行事を変更させて頂くこととなりました。緊急事態宣言が出ている間は、保護者の皆様の参加を伴う活動は、なるべく控えさせて頂くことになるかと思います。子ども達にとって行事は、園生活の中での楽しみであるだけでなく、むしろ、学びや成長を支える大きな柱でもあります。その意味や意義を失うことのないように、安全を期しながら、出来るだけ形を変えて行ないたいと考えております。


 しかしながら、お子様の園生活を、ご覧頂く機会がなかなか持てない状況になり、園としましても、とても残念なことと考えております。

 また、今後の園生活に対してご心配のある方は、各ご家庭でのご判断になるとは思いますが、いつでもご相談頂けるようにしたいと考えておりますので、気軽にお声かけください。


 3学期も教職員一同で力を合わせ、子ども達を中心に据えて、充実した園生活にしていきたいと思います。今後とも保護者の皆様のご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。



続きを読む
posted by 管理人 at 14:11| 園だより